パルシステムのほかにおうちコープ(おうちCOーOP)も利用することになって驚いたのがその「安さ」。

具体的な商品を市販品とも比較してみました!

おうちコープのティッシュペーパーが安い!

おうちコープはパルシステムに比べて5箱セットのティッシュペーパーが安いです。 

おうちコープのコープティシュの写真(画像)

※今回の商品は写真用にいただいたものです(ご飯も同)。

「コープティシュ」
200組(400枚)×5箱 286円

(2017年11月2週の価格・以下税込)

パルシステムは11月2回の場合289円~ですが最安値は1箱150組。残念ながら高いので買ったことがありません。

わが家でよく利用するのが

ドラッグストアで246円~
(10月26日の価格)

40円安ですが、おうちコープはかさばるティッシュを雨の日でも自宅に届けてもらえるのが楽チンです♪

おうちコープはレトルトごはんも安い!

うちでは「炊いてあったごはんがちょっと足りない時」や「炊く時間がない時」などに「レトルトごはん」をよく利用しています。

国産米で酸味料などの添加物のないものを選んでいるんですけど、それだと基本高め。

ところが、おうちコープのレトルトごはんは無添加・国産米使用なのに安い! 

おうちコープの「おいしいご飯」の写真(画像)

おうちコープの「おいしいご飯」の産地・原材料・内容量の写真(画像)

「おいしいご飯(山形県産はえぬき使用)」10食 907円
1パック約91円・11月2週)

しかも「1パック200g」なんです(これもティッシュ同様、安いと思ったら内容量が少ないってことが)。

この商品はパルシステムにも「徳用おいしいご飯」10食としてありますが、

特別価格でも970円
1パック97円(11月1回)

うちではよく購入している市販品は

Yahoo!ショッピング「富山県北アルプスの天然水仕立てふんわりごはん」24食(8袋)

送料無料2,304円

10月25日時点では100円引きクーポンがあって2,204円になりますが、それでも1パック約92円でした。

おうちコープの難点は、週1回配達のうえにどちらの商品も毎週あるわけではないので「注文し忘れると待たなければならない」ことですね。

おうちコープの配達エリアとその他の安い商品例

おうちコープの配達エリアは、神奈川・静岡・山梨県。

ほかにも安い商品には

3パック79円の納豆
「ふっくら極小粒納豆」(45g×3 たれ・からし付き)

1斤93円の食パン
「毎日食パン」(6または8枚切)

などが。

・納豆の大豆はアメリカまたはカナダ産大豆(遺伝子組み換えでない)、調味料にアミノ酸など(化学調味料)使用。

・食パンには乳化剤、イーストフード、ショートニング使用

という点が、パルシステムの「国産納豆」や「パネトーネ種で作る食パン」とは異なりますが、私の周りにも「安い生協のほうがいい」とおうちコープを選んでいるママがいます。

安い生協をお探しの方は⇒公式サイト「おうちCO・OPって何?」を見ると詳しいことがわかりますよ。

加入時の注意点

・生協(生活協同組合)は組合員の出資金で運営。おうちコープも加入時に出資金500円以上が必要です。

ただ退会時に返金され配当がつく年も(2016年度は0.1年%)。
※生活協同組合ユーコープ(おうちコープは4生協の共同事業です)

配達を頼まない週も宅配サービス料(税抜き100円)負担

宅配サービス料は2週間以上頼まない場合は止めることができ、妊娠中からのママ割(公式サイト説明)やご高齢・障がいのある方、利用料金などで無料や半額割引にもなります。