こどもちゃれんじぽけっとプログラム年間予定おチビが毎日楽しく遊んでいる「こどもちゃれんじぽけっと」。もちろん、ただ楽しいだけではありません。

発達著しい2~3歳の時期を1年間サポート。

4月号と一緒に届いた『3さいが楽しみになる本』によると、「表現」「集団生活」「ことば」「考える力」と、大きく分けて4つの視点からプログラムが用意されているそうです。(※2012年度の場合。現在は⇒公式サイト「教材とカリキュラム」iconで)

スポンサーリンク


こどもちゃれんじぽけっと4月号からの「3つのプログラム」とは?

4月号から始まったプログラムは3つ。

  • 表現する力を伸ばす「作って表現プログラム」(4・5・7・8月号)
  • 集団生活への準備に。「トイレでできるよ! プログラム」(4・6・8月号)
  • 豊かな言葉をはぐぐむ「見て発見! ことばプログラム」(4~9月号)

「作って表現プログラム」のメイン教材は、イマジネーションブロック。第1回は、おチビ待望♪の「つくってやりとりケーキやさんセット」でした。

息を吹きかけると灯りが消えて拍手が鳴る、不思議な「デコレーションロウソク」の電池の消耗が早いけど(1回電池交換。やりすぎ…)、ブロックが外れやすいのが良いところ。

映像教材(DVD)とも連動しているので、その真似をしたり。

「トイレでできるよ! プログラム」の目標は、夏までに日中パンツで過ごせること、だとか。「いつビッグよりでかくなるのか…(-‘-;)」と、おむつ代が気になってきた我が家にはありがたい企画です。

エデュトイ「しまじろう♪メロディトイレ」「トイレがんばるよ!ポスター」『あそぶっく』、DVDとの連動でした。

おチビは言葉の発育が遅いようなので「見て発見! ことばプログラム」には期待大。

『あそぶっく』『おはなしぶっく』、ときにはDVDとも連動して、ものの名前や日本語の表現など、語彙の幅を広げていくそう。

4月号では、テーマ「野菜・果物」について喜んで覚えています(^-^)

名前だけでなく、中身がどうなっているかといった「図鑑」的な要素も。(写真は『あそぶっく4月号』)

野菜や果物なら、ふだんの生活で教えればすむような気もしましたが、実際はなかなか気が回らないんですよね。

こうやって教材で取り上げてくれると、料理のときなどに「そうだ、実物を見せてあげよう♪」というきっかけになっています。

もちろん、どのプログラムも「必ずできるようになる」という保証はありませんし、「できる・できない」にばかり価値を求めることのないように注意が必要ですが、楽しんでやっているし。

おチビの成長に少しでも良い影響を与えてくれるといいなー。

2015年5月16日追記:
その後のおチビは?

ただいまおチビ年長。

「イマジネーションブロック」は、いまでもたまーに遊んでいます。不思議な「デコレーションロウソク」もまだ壊れていません♪

「見本」を思い出して作る感じで、パーツの位置を変えたりはあるものの、完全オリジナル作品はないかな。
でも、はじめは手伝わないと難しかったのが、一人で遊べるようになりました。

残念ながら、ぽけっとでオムツ外れず「ビッグより大きい」に突入…orz

ただ、おチビが嫌がって出遅れたものの「トイレでできるよ! プログラム」のポスターにシールを貼ったり根気強く継続。翌1月の段階で「自分から『トイレに行きたい』と言っておしっこができる」ようになりました~\(^▽^)/

記憶力の良いおチビ。「見て発見! ことばプログラム」は「知っている言葉の数」を増やすのに役立ったと思います。

絵本も現役。読み聞かせもしますが、一人で読めるようになりました。

///WEBで教材体験もできますよ///

いま届く教材は
【こどもちゃれんじぽけっと】ホームページ
icon