上の子を妊娠してから「食品の安全性」が気になって始めた生協。

パルシステムは国より添加物基準が厳しく、素材も国産優先。食材選びが楽チンです♪

原材料確認が大変な買い物

掃除や家計管理は大ざっぱなのに、食に関しては神経質な私。

スーパーでの買い物は、市販品の原材料名を確認するのが大変です。

パルシステムは厳しい添加物基準を設定。

加工品の味(子どもには辛いか、とか)を確認することはありますが、ほぼカタログから選ぶだけで助かってます。

パルシステムの食品添加物基準

日本で使用が認められている食品添加物は約1,500品目(※)

パルシステムでは

安全面などから、
その約4分の1を使用不可(中略)
実際の使用数は約400物質ほど(※※)

と、添加物に依存しすぎない商品づくりをしています。
(公財)日本食品化学研究振興財団HPより指定添加物464(R2.1.15改正)、既存添加物365(H29.11.30改正)+(一社)日本食品添加物協会HPより天然香料約600、一般飲食物添加物約100(2019.3.7改訂) ※※パルシステム ヘルプ「食品添加物についての考え方は?」(2019.5.2更新)より

パルシステムの飲むヨーグルトの原材料名

パルシステムの飲むヨーグルトの原材料は「生乳、砂糖、脱脂粉乳」(2020年2月1回特価228円+税と価格も手頃)

ハムやウインナーは発色剤不使用の「無塩せき」。「化学調味料」や、豆腐の「消泡剤」も使われていません。

★飲むヨーグルト・ハム・ウインナー・豆腐は「おためしセット」にあります↓

パルシステムは国産優先

パルシステムの精肉はすべて国産

鶏肉はすべて「産直」、牛・豚の精肉も90%以上産直肉です(パルシステム ヘルプより。牛・豚は2017年データ)

加工品の原材料も国産優先。

たとえばミールキット「お料理セット」の主原料、豆腐や納豆の「大豆」も国産なので、安心して購入しています。

パルシステムの外国産原材料

パルシステムもすべてが国産というわけではありません。

「中国産原材料使用商品リスト」をウェブ上で公開。

うちでよく買うものでは「魚介類」や「冷凍フルーツ」にも外国産あり。

価格や入手の難しさを考えると仕方がないのかな…と割り切っています。

長寿だった義祖父の食事は…

「食の安全」が気になるといっても、享年百歳だった義祖父が食べていたのは「スーパーの市販品」でした。

何が健康に影響するのか本当のところはわからないので、心配もほどほどに。

すべての買い物をパルシステムで済ますのも無理なので、私も市販品を購入しています。

「手ごろな値段で手軽な安心感」なら、
パルシステムはいいですよ。

友達コード公開!パルシステム
お得に加入する方法はコチラ

\おチビと受講!おうち時間なにする?の悩みを教材で楽チンに/
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
 
スポンサーリンク