毎週買っているおうちコープの「コープ牛乳」と「おいしい低脂肪牛乳」の写真

毎週買っている「コープ牛乳」と「おいしい低脂肪牛乳」

おうちコープ(公式)は牛乳の賞味期限が長いのが便利。

毎週買ってる「コープ牛乳」は次回配達まで1週間以上もちます。値段も安いですよ。

おうちコープの「コープ牛乳」の賞味期限

うちで毎週買っている「コープ牛乳」の賞味期限は到着日+9日

次回の配達までもつので、おうちコープだけでも牛乳がまかなえます。

おうちコープの牛乳の種類と最長賞味期限

おうちコープカタログ「お買物めも」の牛乳のページの写真(2020年2月1週)
2月1週おうちコープの牛乳は、なんと17種類!!(1000ml・900ml。低脂肪・無脂肪・加工乳・乳飲料含む。週によって変わります)

コープ商品だけでなく、スーパーにもある市販品も買えます。

おうちコープカタログ「お買物めも」の北海道3.7根釧牛乳の写真

いちばん長い賞味期限は「北海道3.7根釧牛乳」の到着日+12日でした。

おうちコープの牛乳は安い・神奈川県生協比較

神奈川県内各生協の「牛乳最安価格」を表にまとめました。
(種類別「牛乳」1000mlで比較・各生協注文サイトより)

最安税別価格 商品名 賞味期限 企画回
おうちコープ 195円 コープ牛乳 到着日+8日 2月1週
パルシステム 219円 こんせん72牛乳 到着日含め4日 2月2回
東都生協 228円 ちかばの牛乳 含め5日 2月1回
生活クラブ(900ml) 247円 牛乳・ノンホモ牛乳 7日(起算日不明) 2月2回

※ほかにナチュラルコープ・ヨコハマもありますが、価格不明。

調査時点で、おうちコープの「コープ牛乳」が4生協最安です。

「コープ牛乳」の殺菌方法の違い

ほかの生協の最安牛乳は72~75℃15秒間のパスチャライズド製法「高温短時間殺菌(HTST)」を採用。

たんぱく質の熱変性は抑えられますが、日持ちしないのが難点。

「コープ牛乳」は一般的な牛乳と同じ「超高温瞬間殺菌(UHT)」。それで長持ちなんです。

殺菌方法による「風味」の違い

殺菌方法によって牛乳の「風味」に違いはあるのか?

国民生活センターの調査(http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20031003_1.pdf)によると、

殺菌タイプによりある程度の有意差は見られるものの、同じ殺菌タイプ内での銘柄間のばらつきも強く(中略)殺菌タイプによる明確な差は出なかった
(5)風味の特徴(モニターテストより))

とのこと。

確かに、ふだんパルシステムとおうちコープ、市販の牛乳を飲んでいて違いはよくわかりません(汗)

匂いや味に敏感な上の子も「飲み比べてみないとわからない」…

ただ、

においでは、低温長時間殺菌や高温短時間殺菌の牛乳は、やや弱いものが多く(中略)また、濃厚感では(中略)低温長時間殺菌や高温短時間殺菌の牛乳はややさらっとしているものが多い傾向にあった。

ともあるので、わかる方にはわかるのかも。

おうちコープカタログより高温短時間殺菌(HTST)と低温殺菌牛乳の写真

おうちコープも「高温短時間殺菌」や「低温長時間殺菌」牛乳はありますが値段はやや高め。

週の予算にあわせて選びたい方には便利ですね。

市販の牛乳がおいしく飲める方なら「コープ牛乳」は安くておすすめです。

「コープ牛乳」とは?詳細

おうちコープ「コープ牛乳」の栄養成分表示などの写真

生乳100%、成分無調整
乳脂肪分3.5%以上、殺菌は130℃2秒間
200mlあたり138kcal、たんぱく質6.8g、脂質8.0g、炭水化物9.7g、カルシウム230mg、食塩相当量0.2g

製造者の「トモヱ乳業」は、学校給食や大手企業にも納入しているメーカーです(トモヱ乳業(株)公式サイト「最新設備と商品力」より)

おうちコープ「コープ牛乳」の紙パックのFSCマークの写真

牛乳パックは国際的な森林認証制度FSCマーク付きと、環境に配慮。

配達員さんがリサイクル回収もしてくれるので、楽チンですよ。

▶おうちコープ公式サイトはこちら

スポンサーリンク